効果的な宣伝を行う為に!フライヤー印刷のイロハ

色見本

デザインを制作する

より効果的なフライヤーを印刷したい場合、デザインをこだわってみるのが良いでしょう。しかし、デザインを依頼するのは、様々なお金がかかってしまうもの。より安くフライヤー印刷を行う為にも自分でデザインをしてみるのも良いでしょう。

フライヤーとは

PRINT

効果的に集客を行いたい際や、何かを宣伝したい際に使えるものが、チラシやフライヤーですよね。しかし、実際にフライヤーを作成したいと考えていていも、どのように作成すればいいのか分からないという方も多い事でしょう。しかし、中には、まずそもそもフライヤーがどういったものであるのかがいまいち分からないという方もいるはず。そのような方の為に、まずはフライヤーとはどういうものか。チラシとはどのように違うのかをお話しますので、是非参考にしてみてくださいね。フライヤーというのは新聞広告のチラシよりも厚みの薄い用紙を使った宣伝広告になります。また、一般的にはチラシよりも小さいものがフライヤーだと認識されている事が多いようです。フライヤー印刷はチラシを印刷するよりも低料金で印刷できるのでイベントの招待状や店内でのチラシ代わりとして自社の宣伝として使用するのに最適な印刷物です。フレイヤーはチラシ同様、A3、A4、A5、A6、A7、B4、B5、B6、B7、B8サイズから選択できるので予算に合わせてサイズの変更も出来ます。印刷するフライヤーはお店や会社、商品の名前をお客様に知ってもらえますし、お店のレジ横などに置いておけば持って帰って頂け、また近くの方に宣伝してもらう事も可能です。また大量印刷することによりさらに印刷代を抑え、近くのマンションやお家にポスティングすることも出来ます。(ポスティングを依頼する場合は別途費用がかかります)デメリットとしては薄い紙での印刷となりますのですぐに破けてしまうのが難点ですが、用紙選択で厚みのある用紙を使用することは可能です。個性のあるフライヤーはよりアピールに繋がりますよ。

写真

フライヤー印刷の方法

フライヤー印刷ですが、家にコピー機がない場合は印刷を行うのが難しいものです。しかし、印刷会社に依頼をする事で綺麗なフライヤーを大量に印刷してくれます。余裕を持った上で、フライヤー印刷を依頼してみましょう。

カラーチャート

印刷の種類

購買意欲や、イベントへの参加意欲をターゲットに持ってもらう為にも、フライヤー印刷を行う際は、是非フライヤーのサイズや、印刷方法もこだわってみると良いでしょう。カラーやモノクロなどたくさんの種類がありますよ。

インク

紙の種類

フライヤー印刷を行う際、紙の厚さにより値段が変わる場合が多いものです。また、紙の種類にも様々なものがあり、こだわる事でよりワンランク上のフライヤー印刷を行う事ができます。

印刷物

フライヤーのポスティング

フライヤー印刷が完了すれば、次にポスティングを行いましょう。せっかくこだわって作ったフライヤーは、たくさんの方に手に取って欲しいもの。様々なオプションなどを利用し、効率的にポスティングしましょう。