効果的な宣伝を行う為に!フライヤー印刷のイロハ

印刷の種類

カラーチャート

フライヤー印刷では、様々なフライヤーを作成する事が出来ます。フライヤーは、フライヤーを見た人が持ち帰ったり、受けとりたくなったりするデザインも大切ですが、何よりサイズや質感などもこだわる事でもっと様々な人が手に取ってくれるフライヤーになります。ですので、もっと購買意欲や、イベントへの参加意欲が増すようなフライヤーを作成出来る為にも、印刷にはどのような種類があるのかを押さえておきましょう。まず大事なのが、用紙サイズです。一般的には10種類あります。代表的なサイズは、A3(A4コポー用紙を2枚合わせた大きさ)、A4(一般的なコピー用紙の大きさ)、A5(A4コピー用紙を半分にした大きさ)、A6(文庫本と同じ大きさ)、A7(文庫本を半分にした大きさ)、B4(B5大学ノートや週刊誌を2つ並べた大きさ)、B5(週刊誌や大学ノートで使われる大きさ)、B6(週刊誌の半分サイズ、文庫本よりも少し大きめ)、B7(B5サイズの1/4の大きさ)、B8(B5サイズの1/8の大きさ)のサイズに分かれます。また変形サイズというオーダーにも対応でき、横: 258〜297mm × 縦: 365〜420mm の範囲で大きさを指定することも出来ます。また、フライヤー印刷を依頼する時の印刷方法ですが、2種類に分かれます。片面印刷と両面印刷です。そのまま片面か両面かを指定できカラーは白黒、カラーが選択できます。フライヤー印刷を行う上でこのように種類が選択できるので、自社に合わせたフレイヤーを作成してみましょう。モノクロでも、おしゃれなフライヤーになる事もありますし、カラー印刷で目を引くフライヤーを作成してみても良いでしょう。